自然素材「竹」の
 ぬくもりを、
  暮らしの中へ。

脇田工芸社は、
豊かな竹林に恵まれた鹿児島で、
半世紀にわたって
竹製品を作り続けてきた会社です。

品質にこだわる。

形やクセが一定ではない
竹を使った製品作りで
ばらつきなく高い品質を保ち続ける。
私たちがこだわっていることです。

手の仕事。

毎日使うものだから、
使いごこちを大切にしたい。
そのために私たちは、
ていねいな手の仕事にこだわります。

ブログより

返しヘラのご紹介

天然素材の竹の特性を活かした返しヘラ。 金物製のヘラのように、柄と返し部分の継ぎ手が無いので衛生的です。 先端をギリギリまで薄くしているのが返しやすいポイントです。 > 購入はこちらからどうぞ #天然素材 #竹工芸 #...

脇田工芸社のおしぼり置きが海を渡りニューヨークへ。

先日、知人からの依頼で非常に小さなおしぼり置きを作らせていただきました。 時間もあまりない中で、注文通りの寸法で作ったのですが、それにしても小さいなと思っていました。 作ったことも忘れた頃に、その知人から写真が送られて...

育てる弁当箱

脇田工芸社のお弁当箱は、安さを売りにしている商品でありません。 末永く使っていただけるように、一つ一つ丁寧に職人が作っています。 こちらのお弁当箱は約1年ほど前に、ネットからの問い合わせで、名前入りでご注文をいただき納...

お知らせ

お知らせ一覧

自然素材の
ぬくもりを伝えたい。

ご挨拶

代表の脇田睦宏より、
私たちが竹製品作りに
込める想いをお伝えいたします。

代表からのご挨拶

脇田工芸社は1971年の創業以来、鹿児島の地で、半世紀にわたり竹製品の製造・販売を手掛けている会社です。

「自然素材・竹のぬくもりを暮らしの中へ」をコンセプトに、素材の温かみのある見た目と肌触りを活かした竹製品を、地元の職人たちによる手仕事で作り続けてきました。

代表からのご挨拶

一つ一つ、手で作る。

私たちのこと

竹を育む自然に感謝し、
美しい風景を守るため努力します。
手で作る仕事だから、
技術を磨き、知恵を絞ります。
毎日の暮らしで使うものだから、
安全性に妥協しません。

南九州の自然から恵みをいただいて製品を作っている私たちは、自然に感謝し、美しい風景を守り続けることを第一に考えます。

風景を守る

「どうしたらより良い仕上がりになるか?」
いつも知恵を絞りながら技術を磨き続けることが、一番大切なことだと考えています。

技術へのこだわり

私たちの製品には、カトラリーなどの直接口にするものも数多くあります。だからこそ、安全性には可能な限りこだわりたいと考えています。

安全性へのこだわり

私たちの取り組み

暮らしを豊かにする
製品作りを。

製品のご紹介

製品数は約一〇〇〇。
竹の全てを、余すところなく
使ってつくります。

製品のご紹介

脇田工芸社では、約200種類の定番商品(プロパー商品)を製作しています。
その他に、クライアント様と共同開発させていただいている別注商品の数は約800種類にもなります。

製品を作る際は、部位ごとに特徴の違う竹という素材を「余すところなく丸ごと使うこと」を大切にしています。

製品のご紹介

竹製品のある風景。

ギャラリー

鹿児島のいろんな場所で、
「竹製品のある風景」を
撮影しました。

竹が作る、豊かな「風景」

自然からの恵みを活かした温もりのある竹製品だからこそ、作ることが出来る風景があります。
そんな「竹製品のある風景」を鹿児島の様々な場所で、撮影してみました。
あなたの暮らしにも、「自然素材のぬくもり」を採り入れてみませんか?

ギャラリー